帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぽんきちさん幼稚園に着くなり発狂いたしました。
やだやだやだやだやだあああああああああああninaちゃぁあああああああああああんうわああああああ
なんつってぎゃあぎゃあ暴れ、捕まえられて先生を殴る蹴るの乱暴狼藉、わたしに掴まろうとして髪の毛引っ張ってはがされて地面に転がって長靴はがされた所でぽんきちを置いて逃げて帰ってきた。
迎えに行ったら笑顔で「もう涙止まったよ」とか言いやがったけど。
とりあえず今日はいつも以上に幼稚園は楽しい雰囲気の演出で会話願います。
楽しそうな感じではあるから大丈夫だと思うんだけど。
[PR]
by bakiwan | 2008-04-14 18:53 | お子さん方のこと。

ようちえんじになった。

 無事に幼稚園に受け入れていただきまして。ありがとうござい。ねんしょうさん、ってヤツになりましたですよ。
 プレスクールってわけじゃないんだけど、ぽんきちは幼稚園児になる前、何度か幼稚園に遊びに行かせて貰っていた。そういう仕組みの園なんですな。
 正直最初は、遊び相手がいてくれるなんて素敵だわくらいにしか思ってなかったんだけれども、何度も顔を出して先生になじんでもらう、雰囲気を覚えてもらうということこそが大事なのだわ!としみじみ実感。ありがたや。
 で、いざ入園式、「慣れたところで慣れた友達に慣れた先生だし」と何度も離れていた私はかるーい気持ちで出かけたら泣きゃがった。
 さすが姉妹、鳴き声いや泣き声の大きさだけは似ると言うか群を抜いておりますなとかのんきなコトを考えられる状況(そして音量)ではなかった。
 妹の方は祖母に抱かれて膝の上ですうすう寝ており、まあ心配なかったから姉にかかりきりになれたのだけれど(ばあちゃんありがとう)、まあアンタこれがまあ。今日のメインはぽんきちさんあなたですからそりゃまあ一緒にいますけれど・・・
 NinaちゃあんNinaちゃあんいっしょにいるううううううわああんうわああんと手をつかんで離さず、そろそろ細いと言えなくなってきた腕がまたしても私の動脈をロック。おひざぁだっこぉ、となんだかまた2歳児に戻りましたか?と不安になるような声でわんわんわんわん泣く泣く。あれえ?どうしたんだへへいべいびーとか言ってみたけど聞いてくれない。おっかしいなあ。

 先生に「いつも大丈夫な子ほど、式の時は泣いたりするんですよー」と声をかけていただいた。その先生の声もぽんきちには全く届かない。「どうしたのーいっしょにお座りしよう?」と声をかけてくれてもダメ。いやああうわあんうわあんいっしょーいっしょーと全く聞く耳を持たない。
 結局一番後ろの席に座って背後に私。
 ダッコは出来ません。この椅子は私には小さすぎるんです。そのかわり、ちゃんと後ろにいるからね。
 どうにかこうにか妥協してもらってさてあたりを見回すと、いるいるわあわあ泣く子供たち。よくみたらアラ不思議、本当にいつもしっかりしてるわあと思う子が泣いていたり。
 式の途中でお歌が始まると機嫌を直して歌い出したが、それでも私の所在をチェックするので去ることも出来ず。

 明日は置いて逃げよう・・・雨降るなよ・・・
[PR]
by bakiwan | 2008-04-10 20:30 | ぽんきちさんのコト

ぽぽんたのキモチ。

 先日書いたように、すくすくと順調に育っているぽぽんたさん。3ヶ月になったところで、姉と似ているところ違うところが少しだけ見えてきた。
 ぽんきちは産まれたときから足の力が強い子で、大きさも堂々としていた気がする。この子足大きいね・・・?と夫と話した記憶があり、確認したら「うん、大きいって言ってた」。また以前に書いたが、産声もぽんきちのほうが力強かった。
 なーんだぽぽんた元気ねえなあ・・・と標準よりやや大きめに育った長女と比べてため息をつく母親。ぽんきちの同時期の写真と比べても、少し細いみたいだし。いやでもこっちが標準なのかも。
 とにかく大人しくて、控えめな次女。目もつぶらであやすとすぐににこにこ。おしゃぶりが嫌いで、すぐに私の手を吸おうとする。「またー」と笑うとぽぽんたもにこり。お花のよう・・・♪それもひまわりとかじゃなくてかすみ草とかああいう控えめな雰囲気のあるヤツね。

 同じところと言えば。まず顔ね。眉間にしわ寄せた顔。
 あと、夜長く寝るようになったのが早いところかなあ。
 ぽんきちも確かそうだったんだけど、ぽぽんたも、2ヶ月の時には既に夜中の授乳は一度。親孝行thx。3ヶ月になった現在は、朝方一度だけ目をごしごし、お、飲みますか、とミルクを用意している間も大人しくじっと待っている。
 まあこれはぽんきちのときも、一人目だったから何もかも先回りで気づいてやれたので、あまり泣かれたことはなかったかなあ。

 さて昨日の早朝。
 だいたいいつもの時間になりつつある午前4時、ごそごそ起き出したのでミルク欲しいのだな、と思っていたらまた眠りに落ちた。なーんだ、眠いのか、と私も眠った。
 5時、先に目を覚ましたら、なんとなくつられていつになくぱちっと爽快に目を覚ましたぽぽんた、指をしゃぶって「おなかすいたぁ」の合図。
 はいはい今作りますからねーとリビングに移動してぽぽんたを置いた。ら。

 う・・・・・・・・うぇ・・・
はーいまってねー今作ってるからー
 うーー・・・・うぇ・・・・・
 うええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

 なになになになにこの声は一体なんだっつんだ!?往年の名作ブリキの太鼓さながら、声で窓が割れるんじゃねえかと心配になるような大音響。
 うっわーごめんなさい待って今可及的速やかに作ってます善処してます対処してますと平謝りに謝りつつミルクを混ぜていると、なんとあーた、あのねぼすけ夫が飛び起きて
「どうしたの!?」
 おなかすいてるんだよ、今ミルク作ってるんだけど待ちきれないみたいで、と答えながらほ乳瓶についた水滴を拭き取り、抱き上げた瞬間クチにミルクをぶち込んだ。
 目に涙を溜めて、黙々とミルクを飲むぽぽんた。動悸が激しい私。怖いよう。
 一気に飲みきってやっと乳首からクチを離したぽぽんた、私の顔を見上げていつものようににっこり・・・♪
 あなたここぞと言うときまで黙ってるタイプだったんですね。なんかアレだ、転校生が大人しくて口答えしないから、ついうっかりからかいすぎたら、いきなり胸ぐらつかんですごまれた感じ?しかも「うちの親●●組の組長だから」とか。そんな。
 コレに比べたらぽんきちのヤダヤダツイストなんてかわいいもんだ。ははは。
[PR]
by bakiwan | 2008-04-03 17:43 | ぽぽんたさんのコト。

順調に育っているです。

 先日無事お食い初めを済ませたぽぽんたさん、3ヶ月になってだいぶぷくぷくしてきたようで。
 人様のお坊ちゃまの内祝いで戴いた魚沼産コシヒカリ、せっかくの縁起が良い米なので、無くならないように少し取って置いてお食い初めに使わせていただきました。ありがとうございました(私信)。
 肝心のぽぽんたは「えーなんかミルクじゃないものがクチに・・・」的な顔をしていたが、それを見逃さなかった姉が「ぽんきちそれ食べる!!」と残った物を全て平らげた。こちらも順調に育っているです。どうしてもお米が好きで好きでたまりません。

 アメリカ生まれのぽんきちとぽぽんた、予防接種の時期や種類がビミョウに違ってとまどっております。義務化されているものとされていないもの、ぽんきちの時はわかんないで全部打っておいたわけです。それも両足にぶすっと。
 日本ではどうやら1ヶ月の時にはお注射しないですわね。命拾い。思い起こせば3年前、この世の終わりの様な声で泣きじゃくっていた娘がいたっけなあ。一度に4本。日本ではどうやら一度に終わらせたりはしないわけですわね。
 ぽぽんたの病院に予防接種の予約を入れたら、「どの注射をしますか?」って言われた。いや全部、って言ったら半笑いで「いや一つしか打てないんですよ(失笑)」知るかそんなもん。姉は一気に行ったんじゃ。
 とはいえそんなことを電話で言えるほど気は強くないので「あ・・・そすか・・・では・・・」ってごにょごにょつぶやいて電話切りましたが。
 さてもうすぐぽんきちも幼稚園児、放られがちだったぽぽんたを抱きしめる生活が待っております。そして少し自分の時間が出来たら嬉しいdeath。
[PR]
by bakiwan | 2008-04-01 14:09 | お子さん方のこと。