帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 あったけえ埼玉県内の某公園にて。
 
e0043258_1358780.jpg


 おまけ。ぽんきちの作ったかにさん。
e0043258_1358368.jpg
[PR]
by bakiwan | 2008-03-26 13:59 | 日本での生活などを
 今回口調がやさぐれるけど気にしないでくれな。

 あたしさ、裁縫とがマジで超苦手なのね。いやもう苦手ってレベルじゃねえだろって話なんだよね。うん、マジでミシンとか家庭科の授業でさえ逃げ回ったクチなの。ペーパーテストでどれだけ満点続けようと、調理実習で職人並みに(ややおおげさ)上手くできようと、絶対10段階評価の10は不可能なわけ。
 前にも書いたかもしれないけどさ、編み物の授業でサマーニット編もうとしてさ、なんか妙なところに力入れすぎてガッチガチになってさ、出来上がったものはアレ、防弾チョッキ?まがんないの。風も通さねえよアレじゃ。
 型紙通りに切り取ったのにさ、縫い上がったらなんか変に余ったりとかさ、あり得ない事があり得る、それがアタシの家庭科ライフ。おかしいよね、プラモは普通に作ってたのにね。

 ところが月日は流れ、そんなアタシも2児の母なんだな、恐ろしいことにさ。
 知ってる?幼稚園、日本の幼稚園さ、バッグとか手作りなんだぜーうはー忘れてたーできるわけねえーHAHAHAHAHAHA
 ミシン買った。安いのだけど。おりゃあ頑張ったと思うよ。
 細部は見るなよぽんきち。

e0043258_10154433.jpg
[PR]
by bakiwan | 2008-03-05 10:15 | ぽんきちさんのコト
 昨日、さいたまスーパーアリーナで行われたコンサートにて、あなたの最後の勇姿を拝見いたしました。
 当家の3歳児は、一月ほど前に私がカレンダーに書いた「おかあさんといっしょ コンサート」という文字と、「3月の2の日はゆうぞうお兄さんに会えるんだよ」という一言だけで、カレンダーを読めるようになり、ついでに一桁しかわからなかった数字も読めるようになりました。
 3歳児が1ヶ月も前から日付を楽しみにして、毎日毎日カレンダーをのぞいては「ゆうじょうおにいしゃんのひ♪」と口癖のようにつぶやいているのをみて、母親は娘の初めての恋なのかとほほえましく思っておりました。
 その後、Yahoo!のトップにて「歌のお兄さんお姉さん交代」のニュースを発見し、私がどれだけ絶望的な気持ちになったか、想像できるでしょうか。

 前日から食事のたびに(彼女が座る椅子の正面に、カレンダーがかけられているのです)「2のひはゆうじょうおにいしゃああああん」とこっちが恥ずかしくなるような声で繰り返し、いいから食え、そして眠れば目が覚めたときにお出かけだわかるか」と何度も言われておりました。
 コンサートが始まり、群舞のダンサーさんに紛れてあなたの姿が見えたときの3歳児の顔は、ワタクシ一生忘れません。
 瞬きをすることも忘れ、息も止まったのではないかと心配するほどに見入ったまま動かない3歳児。やるきまんまんまんが出てきたときの嬌声。私の手に伝わった小さな心臓の鼓動は、もう破裂しそうでした。

 歌のお兄さんが卒業した後にどうするもんだか私にはわかりませんが、時々子供向けのイベントに顔など出していただければ、当方とても助かります。何せ4月から当分の間、私は娘を慰め続けなければならないのですから。
 帰り道、「ゆうじょうおにいしゃんかっこよかったねえ!!」と目をきらきらさせて興奮冷めやらぬ3歳児、きっと昨日はさぞかしいい夢を見られたことと思います。
[PR]
by bakiwan | 2008-03-03 14:12 | グダグダと。