帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

お尋ね申す!

あのすいません

e0043258_3312950.jpg

この花なんすかね

この花
e0043258_3314767.jpg


なんか知らん間に咲き乱れてんすけど
[PR]
by bakiwan | 2006-05-29 14:30 | グダグダと。

Indianapolis zoo

 行ってきました動物園。Indianapolis Zoo
 行こう、と計画を立ててから楽しみにしているのは当然親の方で、夫など盛り上がりすぎ、今週は毎日「土曜日は動物園」を繰り返していた。娘を連れて家族サービスという響きに酔っていたのと、娘がはしゃぐ姿を見たくてたまらなかったらしい。やっぱりDisneyland一緒に行きたかったんだネ。
 朝9時過ぎに張り切って家を出て、午前中の涼しいうちに遊んでこようと動物園に着く寸前、車に揺られて肝心のぽんきちはうつらうつら。待てまてまてまて、お前が寝ちゃったら話にならないんだって。
 早い時間に着いたせいか、動物園はまだあまり混んでいない。天気予報では最高気温85度。昼を過ぎたら一家3人で日干しになってしまうため、これくらいの時間でちょうど良いのだ・・・と狙って来たのだが、ぽんきちのオネムは最高潮。まだお昼寝午後移行が完全ではなかった。
 それでもストローラーに乗せてこんなのとかe0043258_112263.jpg
見せているとそれなりに楽しかったらしく、興味津々で口を開けていた。
 本当は一番食いついていたのが涼しい館内で見られるセイウチ(泳いでいるところを水槽から見ることが出来る)だったのだが、そこらあたりは親も食いついておりましたので、残念ながら写真が無いんですな。
 お昼ご飯を食べるあたりになるとネムネムの調子も上がってきて、小さな子供遊び場にあった滑り台で滑ってみたり、カットフルーツのパックに食いついてみたり、ネムネム娘のナチュラルハイ全開いや全壊。
e0043258_1132763.jpg
 結局あちこち回っている間にいつの間にかストローラーの中でぽんきちは落ちており、ぐったりしている大人二人は帰りの車の中へ。
 ストローラーから移すときに一瞬目覚めたぽんきちはまたしても眠りの国へ誘われ、すっかり疲れているハズの夫はナニを思ったか「ドライブしましょうかね」家族サービスに身を削っておりますな!
 そのまま車はRushvilleと言う名の郊外の町へ。ここはIndianapolisから車で下道を1時間少々。古い町並みがとても綺麗だから、と夫は連れてきてくれたのだ。
 せっかく連れてきてくれたので、「すいませんブログに写真アップしなきゃいけないんで」などとほざく電脳ジャンキーのために車を止めてくれたりして、今日の夫は本当になにやらサービス精神旺盛である。
 e0043258_115589.jpg
 綺麗でしょう。うん。
 そして目覚めたぽんきちにイカ乾き物など食わせつつ、一時帰宅した後はかねてから行きたい行きたいと騒いでいたKorean-Japaneseという看板の焼き肉店へ。
 閑静な住宅街にあるその店は去年オープンしたばかりとのことで、やたら広くて綺麗な店内で、寿司と焼き肉を両方一度に楽しめる。
 結果から申し上げましょう、旨かった!初めてインディアナで感動したぞdemi!!あ、これ店のお名前ね。いや旨かった。素晴らしかった。
 
 そんなわけで今、背後で夫は疲れ果てて眠っております。ワタクシもそろそろ電気の世界からおいとま。
 お疲れ様ダンナ。そして風呂入ってさっぱりして幸せにくうくう寝ているぽんきち。今日はとても楽しかったですとも!
[PR]
by bakiwan | 2006-05-28 11:12 | インディアナのコト

愛情と恋の大騒ぎ。

 明日から全米各地は3連休。月曜日にMemorial dayが入るためだ。戦没者を追悼するための休日だが、当初の目的はどこへやら、ニュースでは「バーベキューシーズンの始まりです!」などと大喜びしている。このあたり日本も同じ。みどりの日も海の日も、要するに「お休み♪」である。あれ?海の日ってお休みだよね?うわあ忘れちゃった。どんどん日本が遠くなっていくぅぅ。

 昨日の夜、久々にぽんきちと一緒にお風呂に入ろうとしてはしゃぎ、「ほーらほらー」などと湯船に潜り、ざばっと出たところでぽんきちに引かれた夫。その後さあおいで!などと両手を広げて泣かれてやんの。一緒にお風呂久々だしね。
 世の中のお父さんはかわいそうであるな、としみじみ感じたりする。昼間一緒に居られないのは君をすくすく育てるために一生懸命働いているからなのだよーと一応伝えてみるが、理解出来るはずもない1歳児。うーん、夫はすっかりしょげてしまった。出かけるときも横目でちらりと「ばいばーい」とか言われただけで、後はさささっとテレビの前に向かい、「こぇー」とか言ってる。待てよまだベランダの外で君の父親が悲しそうな顔してこっち見てるぜ。

 今日も頑張って早く帰宅して、一緒にご飯を食べに行こう!と大騒ぎ。多分それは自分のためだネ!と思わないでもないが、浮かれて携帯に「今から帰りますよー」と電話が来たので、到着時間を見計らって外で遊んでいると、汗まみれになってつんのめるぽんきち。また転んだよ・・・とため息をぐっと堪え、こちらは必死に涙を堪えて立ち上がろうとしているぽんきちを応援。
 手を貸さずに横で「行ける!さあ立ち上がれ!アムロのように!」と好き勝手なことをささやいていると、またしてもお向かいのB君が寄ってきた。こいつはぽんきちが転ぶとすぐに駆け寄ってくる。なかなか面倒見の良いヤツなのだ。3人兄弟の一番下だから、「お兄ちゃん」のポジションにあこがれもあるのだろうか。
 うんうん優しい少年よ、7つ違いなら大人になればぽんきちと良い感じ、と遙か遠い未来に(勝手に)思いを寄せていると、またしてもぽんきちぴたりと泣きやんだ。
 それどころか、必死にB君に話しかけている。「彼女なんて言ってるの?」首をかしげるB君。「わかんないなー、ただ喋る真似してるだけだから」と言うと、考え込む様子。「何歳だっけ?」「18ヶ月ですよ、1歳半」と教えると、また考え込む様子。
 思いは伝わらなくても必死に問いかけるぽんきちを見て「じゃあ僕は他の誰かとデートすることにするよ・・・」そんなこと考えてたのかよアンタ。
 1歳半はまだB君にご執心で、去っていく後ろ姿に一生懸命「ばっばーい!ばっばーい!」と手を振っている。うーん難しいね恋愛って。それにしてもぽんきちさん、あなたは面食いだったんですね。

 程なくして帰宅した夫には一応甘えてはいるものの、B君に見せた執心ぶりとは様子が違うようで、私はとてもそれを夫に話すことは出来なかったのだった。
[PR]
by bakiwan | 2006-05-26 21:41 | グダグダと。
 再びIsolated ThunderStormがやってきているIndianaからお送りしております。今度のは結構大きいらしく、またしてもテレビから「ぽぽーん」の音が聞こえて参りました。いい加減にせんか。しかも「ハリケーンシーズンです」とかさらりと言うな。
 ウェザーチャンネルでは、日曜にハリケーンカトリーナを振り返る特集を放送するらしい。あれからもう1年経つのだ。まだ被災者の方々が不自由な生活を送っているハズで、そこにでかいハリケーンでも来たら目も当てられない。どうか来ませんように来ませんように・・・と珍しく真面目に祈るわたくし。
 ニュースの1コーナーで去年のハリケーンを軽く振り返っており、その中で「家を買った3日目にハリケーンが来て全壊しました」と話している若夫婦の姿があり、自分と重ねてしまった。ひどい話だ。一生懸命働いて建てた家がいきなり流されるって、どれだけ絶望的にになるのだろう、と想像しただけですさまじく落ち込んでしまう。
 若夫婦には子供がいないようだったが、これで小さな子供でも抱えていたりしたら、もうどうやって立て直せばいいのか、立ち直ればいいのかと世界が真っ暗になるだろう。
 保険も効くのだろうが、流されてしまった想い出の品々は戻ってこないのだ。

 引っ越してきたばかりの時に初めてサイレンを聞き、正直事態が飲み込めなかったが、今は少しこの土地に慣れ、ある程度の予測と準備が必要な土地柄であるという現実をかみしめている。取りあえず写真のバックアップだけでも日本に送っておこうかしらん、とか現実をかみしめている割にはしょうもないことしか思いつかない。
 ウェザーチャンネルでも災害に対する準備をするように、と呼びかけていたが、さてナニからすれば宜しいのか。
 もし今家がトルネードなどにやられたりした場合を想像すると、もうここはシカゴの領事館にお出かけして日本に帰るしかない。きっと正規料金ダネ。となると、やはりパスポートとぽんきちのBirthCertificateを懐に入れられるようにするくらいか・・・ってそれじゃあまりにも心許ないぞ。
 後はインスタントみそ汁と暖めるご飯・・・これじゃ引っ越しだよ・・・
[PR]
by bakiwan | 2006-05-24 21:51 | インディアナのコト
 面倒で不本意な買い物をしに午前中から出かけ、まだお昼寝午後移行が完全に済んでいないぽんきちを寝かさないように細心の注意を払い、結局車の中で10分くらい落ちてしまい、こればっかりは上手く行かないねえ、一朝一夕にはねえ・・・とため息混じりに帰宅した12時前。
 遅く起きて朝ご飯をゆっくりめに食べたのに、まんまーまんまーやれまんまーと騒ぐ欠食児童にチキンスープとパンとで簡単に腹をふくらませ、さあ寝ろ!お前の望みはこれだろう!ほれ!と布団にくるんだが、どうも10分の睡眠が彼女の眠気を取り去ってしまったらしく、なかなか眠ろうとしない。お前は「F」の赤木群馬か。私が先に眠くなっちゃったりして。
 しばらく付き合って遊んでいたが、やっとこさ目をこすり始めたので、待ってましたとばかりに再度bedへ。まだ頑張ってbedから降りたりしていたが、ついに耐えきれなくなって眠りに落ちたのが1時半過ぎ、やっとPC付けられるぅ、と私も眠い目をこすっていると、部屋中から一斉に「ぷちん」などという軽快な音がしたのが最後。ワタクシの家庭からエレクトロニクスのニオイが消えました。再度。
 家が古いので、あっちこっちガタが来てるのは承知だが、ここだけは勘弁してくれよ・・・と心の中で舌打ちをするが、だからといってどうになるわけでなし、諦めてそのままぽんきちと一緒に布団にくるまった。

 そこでおかしな夢を見ましてデスネ、夢占い出来る方、判断してください。

 おそらくそれは高校生くらいのワタクシ、中学時代の友人Y子ちゃん(中学時代が終了したとたんに連絡を取らなくなった人である)と今は懐かしいあみんの「待つわ」など歌っており。高校生なのになんでY子ちゃんだったのだろう。
 ハモれ、と言われて私は当時いつも下を歌わされていたので、夢の中でもよどみなく下のパートを歌い始めると、「違う、上歌って」ハイ、とても素直な私。
 そのまま振り付きで歌っていたがそこはバイト先。お客さんに聞こえるっていうか目の前にお客さんが居るんですけどY子ちゃん。
 盛り上がって歌っているので付き合っていたが、正直相当恥ずかしい。小声になってきた私だが、Y子ちゃんはお構いなし。そんな人じゃなかったんだけどなあ。

 結局最後まで歌い終えたあたりで、再びエレクトロニクスの息吹がやってきた音で目覚めた。
 さてどうでしょう私。
[PR]
by bakiwan | 2006-05-23 22:12 | グダグダと。

また転んだんす。

 今度は逆から行きましてね、逆のおでこすりむきましたとも。
 しかし1歳児なりに学んではいるのか、傷はさほどではなく、ゆっくりゆっくり確かめるように崩れ落ちていった(離れたところで一部始終目撃していた)。
 最近は小さな段差を勢いですとーんとクリアしていたので、まだ油断していたのだ。考えるとダメなんだね。この先「あー考える前に体を動かせばよかった・・・」とあいつは何度思うのか。
 まずしゃがみ込み、縁に手をかけ、ちょっと考え、左足を降ろそうとしてみて、元に戻し、右足を降ろそうとして元に戻し、「えーっと・・・こないだはどうやったんだっけなー・・・」て雰囲気である。「たっちして普通に降りられるじゃん?」と暖かいアドバイスを送るも、本人夢中でさっぱり聞いていない。この先「ああ・・・あのとき人の話を聞いておけばよかった・・・」とあいつは何度思うのか。

 いっそ横に置いてある私の車に掴まればいいのにな、初期はそのようにしていたんだろうに、と声をかけようと思ったときは遅く、愛娘の頭はどんどん下に移動し、代わりに尻が高くなってきた。「あ、これ頭から落ちてるな」と立ち上がると同時に、彼女はごろりん、と地べたに転がった。大して派手に転んだわけではなかったので、さほど心配もせずにゆっくり近寄ると、本人は失敗したショックと擦りむいた痛みで小さく泣き始めた。
 あららららー、あらー、あらーなんつって、私がのどかな声を出していたのも気にくわなかったのかも知れない。しかし残念だが「あらー!大変!イタイイタイしまちたか!?」なんつって駆け寄るキャラクタではないのだよ、あなたの母親は。
 この先「ああ・・・この母親は結構あてにならないわ・・・」とあいつは何度思うのか。

 結局その後ビビリになった娘は、おとなしく宝箱で遊びましたとさ。
e0043258_11154594.jpg

[PR]
by bakiwan | 2006-05-20 21:51 | ぽんきちさんのコト

終了じゃなかったよ!

 午前中は晴れ間が覗いたりして、その間にまたしてもさささっと外に出てみる落ち着きのない親子。この季節のインディアナ、よーくわかりました。出られるときに出ておかないと、いつ降り出すかわからないんだね。天気予報はまたしてもThunderStorms、それも時々ThunderStorm。複数形のsが付いてやがった。
 しかし本日は、昨日心に決めた通り、ぽんきちのお昼寝を一日1回にし、しかもそれを徐々に午後に移行しようとしている。午前中の晴れ間は望むところだ。外に出てはしゃいでいれば、眠気など飛んでしまうだろう。
 黒い雲が通り過ぎたり青空を見せたり、ずいぶん気まぐれな本日のインディアナだったが、とりあえず少しだけでもお外に出ることが出来た。
 大して長い時間も遊ばなかったが、ベランダのガラスをとんとん叩き、「おうちに入るー」とか言うので、まあいいか・・・と家の中に入った。
 まだ少し覗いている青い空に恨みでもあるのか、真っ黒な雨雲がどんどん広がっている。ちょうど良かったかも知れないな、と思うのと、風が強くなるのは同時くらいだった。

 お昼ご飯を口いっぱいに詰め、おなかにもいっぱい詰め、もう限界ネムネムですぅ、と泣き顔になったのは12時半ごろ。予定より少々早いが、まあいいか・・・と布団に入ると待っていたかのように大粒の雨が落ち始め、雷がどこだか近くに落ちたな、て音までした。
 おー高木ブー来てるよぽんきち、と傍らのぽんきちを見るともう必死に目をこすっているので、布団にくるむとコトリと落ちた。
 しめしめククククク、今日は間違いなく2時間寝てくれるハズ。その間にワタクシはPCなどを立ち上げてダネ、と寝室を後にしたら、ナニヤラ様子がおかしい。
 冷蔵庫の音がしません、PCも立ち上がりません。はい、停電です。
 もったいねえ!なんのこっちゃ!
 外は大嵐が引き続き頑張って居座っていて、「ブログ更新出来ないのに・・・」とかぶつくさ言いながら取りあえず雹の写真だけは撮った。
e0043258_514017.jpgすごく見にくいですけどね、気づいたら降ってたんですよ。ね。雹。
 せっかく写真撮ったのに、家の中はしぃんとしていて、なんならリビングまでぽんきちの寝息が聞こえてきそうだ。
 本でも読むか仕方ない、と思ったがどうも気が乗らず、そのままぽんきちの横に潜り込み、一緒にお昼寝してみた。やっぱり2時間起きなかったよ。
 私は2時間も眠れないので途中で抜け出したが、やはりうちにエレクトロニクスのニオイはしない。世界中の偉人の中で一番エジソンに恩恵を被っている私としては、不安この上ない。
 ご飯は炊けないしコンロは電熱器だし、ヒーター付けるスイッチも電気だし、ボイラーだって動かすためにはきっと電気だ。要するにメシも食えなきゃ風呂も入れず、下手をしたらただろうそくの明かりだけでぽんきちと遊ぶ・・・のはイヤだー!
 もうちょっとぽんきちが大きくなったらこの状況も楽しめるだろうが、今はただ不便なだけ。
 せめてメシ外で食おうって言おうかな、と携帯を手にしたらぽんきち起床の声。はーいはーいなんつって一緒に起きて、そんなときに限ってうちのバカはテレビを指さし「こぇー」。付かないんだよ今日はねぇ。残念だが私が相手だ。嬉しそうだな。しかし私とて体調はよくないんだぜ。そんな元気に「おぅぶー(おんぶ)」とか言われても困るんですよ・・・。

 再び携帯を手にして、夫に電話かけようかメールにしようかな、と考えていると、果たして電気の神様は当家に明かりをともしてくれた。
 ありがとうエジソン!そんなわけでブログもアップだ!
[PR]
by bakiwan | 2006-05-18 15:45 | インディアナのコト

雨、終了です!

 本日は少し遅めに目覚めた朝。昨日の天気予報では、午前中は雨ではなく曇りとのことだったが・・・と、これまた遅めに目覚めたぽんきちと一緒にベランダの外を眺めた。
  なんとまあ、外は低く雲がたれ込め、どよーんと暗い。あっれー?あんまり天気よくないなあ・・・?しかし今日は雨さえ降らなければ、少々無理をしてでも外で遊ぶのだ。着込む準備は万端だ!ばっちこい寒気!

 張り切ってウェザーチャンネルを付けると、最高気温は70度を超えるとある。雨はは夕方過ぎから。これならそんなに着込まないでも行けそうだ。
 ゆっくり寝ていたのでおなかが空いている娘にわしわし米の飯とみそ汁、カボチャの煮物などを食べさせ、朝からげふぅ、とか大きなげっぷまでしやがって、順調だ。
 午前中の忙しい時間は申し訳ないがテレビでも見ていていただいて、その間に残像が出来るほどの早さで掃除洗濯洗い物等を済ませる。調子に乗って風呂掃除までしてみた。
 風呂掃除をするあたりになるとテレビに飽きて娘も参加していたが、楽しそうに邪魔をしてくれている。外に出られずにストレスが溜まっていることを知っているので、諦めて手伝いを命じてみる。意外と拭き掃除出来るじゃん。拭く予定の箇所の0.5%程度だったが。まあそれも楽しそうだからよしとしよう。
 散々張り切って掃除をして、これまた遅めだが午前中のお昼寝。今日は出来ればお昼寝一回で行きたい。そろそろお昼寝2回では多いようなのだ。夜の寝付きが悪いのは、昼間寝過ぎているからじゃないかと考えている。頑張れ。

 娘が寝ている間に色々ネットで調べ物をしたりして、ふとすももに用事があってメッセ立ち上げたらランヒメ、これは上手く行ったと思ってon-lineにして話しかけたら、ホイホイすももが釣れた。うけけけ。
 散々話しているうちにぽんきち起床、それでもまだお昼ご飯いらなそうだったので少しPCに付き合って貰ったが、退屈な顔をし始めたので、そりゃそうかと思ってお昼ご飯の準備。今日は昼間ずうっと起きていて貰いたいので、お昼軽めで外で遊び、おやつきっちり食わしてやる。最近おやつ欲しがらなかったからなかったんだよね。なぜって食う時間に寝てたからさ。
 
 さて食事が思った通りに済み、外をふと見ると・・・青空だ!なんて久しぶりの青空、すばらしい!張り切って表に出て、歩いて10秒くらいの所にある滑り台ブランコなどが置いてある場所へ。なぜこんなに張り切っていたかというと、今日は滑り台デビューを企画していたのだ。
 もうどれだけ泥だらけになってもいい、心の準備は出来ております。どうぞ娘さん!
 果たして娘さんは滑り台にオソロシイほどはまり、驚喜し、叫び、転んで顎を打ったが元気いっぱい。わあわあ泣くのでもう帰るか?と聞くとすたすた歩いてまた滑り台に上り始めた。おお!元気いっぱい!いやーよかった。
 ただ残念ながら本日、親もコーフンしてはしゃいでいたので写真がありません。

 結局親子二人で洗濯機ごと泥まみれになるほど真っ黒になり、家に入るやいなや両手両足をそろって洗い、おやつを食べ、現在お昼寝もせずに元気に遊んでおります。
 予定通り、外は真っ暗、雷が鳴って雨が落ちてきましたよ、と。
[PR]
by bakiwan | 2006-05-17 16:17 | インディアナのコト

さて。

 2回もサッカーの興奮を書いてしまったので、ここらでちょっとぽんきち情報。
 本日、久々に晴れ間が広がったインディアナ地方、まだまだ雨は続きそうだが、その瞬間を見逃さず「今だっ!!」と外に出た。
 最近ぽんきちは小さな段差を一人で這わずに上り下り出来るので、暖かく見守っておりつつ、一瞬目を離した。
 と、いきなり天地を揺るがす大号泣。どどどうした!?と居るはずの場所を見ると居ない。下から声がする、と足下を見ると見事に転がっている。
 少しくらい転んでも、よし、這ってこい!っていうか立ち上がれ!べらんめえ男だろお前はよ(違います)!!そんくれえでビクつくんじゃねえ!と叱咤激励(*一部大げさな表現がございましたことをお詫びして訂正いたします)していたが、あまりにも鳴き声いや泣き声がひどいので思わず抱き上げてみると、見事おでこにたんこぶ、目の回りに擦り傷。目がなんともなくて良かった・・・とほっとするのもつかの間、必死にしがみついてわあわあ泣くぽんきちを慰めた。
 泣き声に気づいてお向かいの少年B君(7歳)も友達と一緒に駆け寄ってきた。「彼女転んだよ」わかってます。しかし心配してくれてありがとう。

 B君が心配するのもつかの間、彼らは矢継ぎ早に私に話しかけてきた。えっとぽんきちはもう興味無いですか?
 しかしおかげさまでぽんきちは目の前のイカす白人少年2名に目を奪われ、ぴたりと泣きやんだ。
 泣きやんだらおしゃべりが止まらないアメリカ人少年たち、次々とあれやこれや、コレ見てアレ見て、と大騒ぎ。子供ってのはどこの子も変わりません。
 挙げ句の果てにB君、「ねえアナタ僕にキス出来る?」え?アタシでっか?えっとアンタの年何倍かな。「ねえデートしてくれる?」えっと。何その色目。
 お母さん、私アメリカ来て7歳の少年に口説かれてます。さすがと言おうかなんと言おうか。
 困った日本人のワタクシは、ぽんきちを抱き上げ「ほれ」とB君に差し出してみたが「違うよアナタだよ」と笑われた。ひー。

 そのまま買い物に行く用事があったので、あははは、あはーなどと笑って誤魔化しつつ、「見て!上手く回せるよ!」となぜか手に持っていた松葉杖をくるくる回している彼に「お、さっきより回ってんじゃん!」などと話題を変えつつ、「じゃああたしたち出かけなきゃいけないからー」と逃げ出した。
 すげえ、なんていうかすげえ。7歳で大人をこれほどからかえるってすげえ。なんか感動しつつ、かわいいなあ、とつい車の中で笑ってしまった。
 ごめんねぽんきち、アンタこんな状態なのに。
 
e0043258_9294173.jpg

[PR]
by bakiwan | 2006-05-16 20:10 | ぽんきちさんのコト
 スキンを変更いたしました。サッカー日本代表のイメージカラー青にしました。
 でも物足りません!スキン作ってください!私には出来ません!FIFAに話通せません!多分JFAとも話した方がいいんじゃないでしょうか!なんならキリンとも!
 エキサイトブログには高原クンも居るじゃないですか!お願いプリーズ!

 散々我が儘言ってみました。ユーザーなんて好き勝手です。自分で言うな。
[PR]
by bakiwan | 2006-05-16 11:58 | スポーツは好きです。