帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

カテゴリ:グダグダと。( 50 )

 面倒で不本意な買い物をしに午前中から出かけ、まだお昼寝午後移行が完全に済んでいないぽんきちを寝かさないように細心の注意を払い、結局車の中で10分くらい落ちてしまい、こればっかりは上手く行かないねえ、一朝一夕にはねえ・・・とため息混じりに帰宅した12時前。
 遅く起きて朝ご飯をゆっくりめに食べたのに、まんまーまんまーやれまんまーと騒ぐ欠食児童にチキンスープとパンとで簡単に腹をふくらませ、さあ寝ろ!お前の望みはこれだろう!ほれ!と布団にくるんだが、どうも10分の睡眠が彼女の眠気を取り去ってしまったらしく、なかなか眠ろうとしない。お前は「F」の赤木群馬か。私が先に眠くなっちゃったりして。
 しばらく付き合って遊んでいたが、やっとこさ目をこすり始めたので、待ってましたとばかりに再度bedへ。まだ頑張ってbedから降りたりしていたが、ついに耐えきれなくなって眠りに落ちたのが1時半過ぎ、やっとPC付けられるぅ、と私も眠い目をこすっていると、部屋中から一斉に「ぷちん」などという軽快な音がしたのが最後。ワタクシの家庭からエレクトロニクスのニオイが消えました。再度。
 家が古いので、あっちこっちガタが来てるのは承知だが、ここだけは勘弁してくれよ・・・と心の中で舌打ちをするが、だからといってどうになるわけでなし、諦めてそのままぽんきちと一緒に布団にくるまった。

 そこでおかしな夢を見ましてデスネ、夢占い出来る方、判断してください。

 おそらくそれは高校生くらいのワタクシ、中学時代の友人Y子ちゃん(中学時代が終了したとたんに連絡を取らなくなった人である)と今は懐かしいあみんの「待つわ」など歌っており。高校生なのになんでY子ちゃんだったのだろう。
 ハモれ、と言われて私は当時いつも下を歌わされていたので、夢の中でもよどみなく下のパートを歌い始めると、「違う、上歌って」ハイ、とても素直な私。
 そのまま振り付きで歌っていたがそこはバイト先。お客さんに聞こえるっていうか目の前にお客さんが居るんですけどY子ちゃん。
 盛り上がって歌っているので付き合っていたが、正直相当恥ずかしい。小声になってきた私だが、Y子ちゃんはお構いなし。そんな人じゃなかったんだけどなあ。

 結局最後まで歌い終えたあたりで、再びエレクトロニクスの息吹がやってきた音で目覚めた。
 さてどうでしょう私。
[PR]
by bakiwan | 2006-05-23 22:12 | グダグダと。
 今一瞬ルータが飛んだ

 飛んだと言うか「かちっ」って言って黙った。勘弁してくれ。今カネないんだよ・・・。なんで勝手にイニシャライズ?
 しかしあんなほこりだらけの所(LAでは夫PCの裏にあった)で3年、時折乳児に振り回されたりしつつ、今までよく持ったって言う方が本当かもしれないなあ。あー参った。
 実は初めてこっちでつないだときに恐ろしく調子が悪く、そして接触も悪くなっていた。ちゃんとルータの設定画面では何事も起きていないはずなのになあ。突然落ちるし。あー参った!どっかに無線LANなかったっけ、前の家でどうにも調子が悪かった無線LAN。今は隣に居るんだから調子悪くなることはないだろう、って探し始めてすぐ思い出した、無いんですよ確かね。どのみち新しいの欲しい・・・結局欲しいんじゃないか!参るのは私の購買意欲にだな。
 欲しいっていえばDVDRWも新しいの欲しいんだよなあ。ぽんきちビデオを実家に送るために精度を上げたいんだよなあ。あーでも今買うことないか・・・わかってるわかってる・・・でも色々いじりたいなあ・・・わかってるわかって・・・ない・・・
[PR]
by bakiwan | 2006-04-27 17:56 | グダグダと。
 それはかれこれ10年以上まえのお話。
 突然訪れた幸運な休暇が1週間強、ナニをするかな、と心は弾んだ。普段だったら間違いなくゲーム2つ3つ買ってきてナカマウチとうちに引きこもるんだろうけど、そのときはなんだかどこかでかけよう、と強く思っていた。
 と言うわけで、昼休みの間に私はHISに行き、北海道の祖父に電話して「戸籍抄本送って下さい」と頼んだのだ。祖父は驚いていたものの、私のそういう突飛な行動には慣れているので、笑ってすぐに区役所へ飛んでくれた。
 行き先は決まった、NY。理由はございません、他に「外国」をあまり知らなかったんス。
 戸籍抄本は祖父によって速達で届けられ、それから1週間できっちりパスポートはできあがり、10日後には私は機上の人となっていたのだ。
 ぶっちゃけ生まれて初めて成田行ったから間違って各駅乗っちゃったりして相当時間ぎりぎりだったけど、まあ取りあえずちゃんと飛行機にも乗れた。あんな長いフライト初めてだったから、飛行機の中があんなに足がむくんだりすることを知らずにストッキング履いて行っちゃったけど、取りあえずエコノミー症候群にもならずに生きて着いた。
 そんなわけでワタクシ、生まれて初めての海外旅行はNYなのである。4泊6日だったかなぁ。相部屋嫌です、って言ってちょっとだけお金足して一人部屋にして貰って、泊まったホテルはhotel Pennsylvania。今思えば、小娘の気まぐれにはちょっと贅沢だったかなあ。おめぇなんざmotel6で十分だと自分に思う。

 自分でもびっくりするほどアメリカの事なーんにも知らず、英語もなーんにもわからず、高校課程で習う英語のほとんどを忘却の彼方に追いやっていて、要するに聞けないし話せないし単語も知らない。無謀だったがそれが若さだ・・・うんうん。
 アメリカって言えばこんな岩とか自由の女神しか知らなかった。あとウルトラクイズね。歩いてたら突然「ハズレ」て書いた紙が落ちてる的な。
 そのようなバカオロカな小娘であったワタクシは、「取りあえずハンバーガーだろ、アメリカって」と何の予備知識もないくせに断言して、当時ホテルの並びにあったバーガーショップにおもむろに入っていったのだ。ハンバーガー屋なら指さしゃ食い物買えると思ったからさ。
 で、そのときにワタクシ大変感動したのだ。旨!!アメリカのチーズ旨!!

 多分チェダーチーズだったと思うのだけど、やたらとコクがあって旨かった。バンズもおいしかった。アメリカってハンバーガー旨いんだなやっぱ!って力強く思ったのだ。
 昨日の夜、ふと夫に「カリフォルニアとこっちではハンバーガーの味が違うんだって。明らかにLAよりNYよりもインディアナのハンバーガーは旨いって言ってたよ」なんて話を聞き、へーそうかい、旨いっつってもハンバーガーだしな・・・と鼻で笑おうとしてハタ、と思い当たったのだ。
 あのときのハンバーガ屋まだあんのかな!?あまりにも感動が大きかったから名前ちゃんと覚えてるし(ワタクシにとってこれは画期的な出来事なのです)!探せるんじゃね?

 じゃああん!! Roy Rogers って言うんですよー!
 今もちゃんとあったよ!味が落ちていないことを祈りつつ、一番近い店舗がオハイオであることを知り、ちょっと遠出の計画を立てているのであった。
[PR]
by bakiwan | 2006-04-26 07:21 | グダグダと。

入手完了。

 前回の日記にて紅茶が紅茶がと騒いでおりましたが、昨日入手しましたですよ。
 前に買ったヤツの並びにあったよ同じメーカーの。アホか私は。
 早速大喜びで買ってきて入れてみた。

 マズ(´・ω・`)

 このメーカーがダメだったか・・・。オーガニックの店とか探せばあるかしら。旅は続く・・・。
[PR]
by bakiwan | 2006-04-17 10:10 | グダグダと。

なんてことでしょう。

 さっきブログ書くだけ書いて、間違ってブラウザのタブごと全部シャットダウンしてもたわ。アホか私は。我ながら良い出来だった(読まれないから何でも言える)のになぁ。うーん惜しい。もう二度とあんな名文書けねぇ。うーん惜しい。

 投げやりになったので本日写真で誤魔化します。
e0043258_10234187.jpg

 彼女のみそ汁への情熱の大きさがスプーンの大きさを超えた瞬間。どんだけ味噌好きだよ。
[PR]
by bakiwan | 2006-04-11 21:16 | グダグダと。

ヤッベー

 岡村君超カッケー

http://www.beverage.co.jp/product/cm/nuda/

・・・・いまさらって思われるんだろうなあ
[PR]
by bakiwan | 2006-03-28 08:00 | グダグダと。

よしきた!

 いやーやっと前向きな話題が

http://event.entertainment.msn.co.jp/eigacom/buzz/060323/default.htm

 どうでもいいけどまた一家3人で風邪引いてもうたがな
[PR]
by bakiwan | 2006-03-26 06:00 | グダグダと。
 昨晩、あまりにも生々しい夢を見てしまったのでちょっと気になって書いておくことにする。

 夢の中で私はぽんきちの下にもうひとり、男の子が出来、その子を産んだわけだが、産んだときになぜかもうひとりベッドで眠っている子がいて、私は産んでもいないのに「双子か?」と間抜けなことを考えていた。
 どう考えてもその子は私の子じゃないので、一応警察に届けて、警察も預かりますって話になった。
 夢の中なので不条理は今更だが、その子はなぜか交番で預かられ、おじさんのお巡りさんが毎日面倒を見ていたのだが、私もなにやら気になって毎日その子の様子を見に行っていた。この時点でその子は男の子だと私は思いこんでいたが、ある日お巡りさんが「これ以上私も女の子の面倒見られないしなあ」という。え?女の子?
 びっくりしておむつを換えたときに確認すると、確かにその子は女の子。しかもやたら私になついている。
 もうしょうがない、どうせ一人産んだ事だし、一緒に育てます、と言って私はその子を引き取った。ちなみに夫には事後承諾。すいません。
 私はそのときすでに自分の子に「真言」と書いて「まこと」と言う名を付けていて、もう双子として扱おうと思い、女の子に「美言」と書いて「みこと」と言う名前を付けた。
 みことは栗色の髪に碧眼の子だったので明らかに私たち夫婦の子ではなかったが、それでも双子のように二人すくすく育つ。夢の中だから時間の経過も早いのだ。
 13,4歳になったときに、彼らの仲良しだった「ゆうたくん」という男の子が亡くなった。そのゆうたくんは恐ろしくすさんでしまった子で、人として何か大事なものを無くしてしまったような子だったが、うちの双子とだけは仲良くしていたようだ。
 ただ、死んでしまってから化けて出た。
 面倒なので詳細は割愛するが、みことをどうやら狙っているらしく、彼女に血だらけでつきまとう。今冷静に書いているからどうってことは無いけど、見てたときは怖かったんですよミナサン。
 みことを守ってくれようとした子たちが次々と虐殺されていき、ついにみことの前に現れ、私はどうにかしてみことを守ろうとするんだけど、声も出ないし体も動かない。

 って所でぽんきちの咳で目が覚めた。
 なんだろうこれ?
[PR]
by bakiwan | 2006-01-09 21:12 | グダグダと。

いやあお久しゅう。

 ちなみにお久しぶりのわけは、夜中娘が寝静まってから漫画見てたからだ。説明以上。
 で終わっちゃったらいけない。ここ数日の馬鹿親子の様子であるが、順番に風邪を引いていた。風邪も持ち回り。
 最初、突然発熱してぼろぼろになったのは夫であった。家にいるはずの無い時間にカーテンが開いていたので「ナニゴト!?」と思ったが、なんのこたーない、死に掛けの干からびた夫がベッドでうなっていた。正直に言おう、うつすなよって思いました。
 当然のごとく被害は娘ぽんきちに及んだ。とは言ってもさほど高熱を発するわけでもなく、ただハナを垂らして飯を食っている。飯は食うのだ。ま、食ってりゃ安心だななんて油断していたら、いつどこで経由したのかそれとも直接訪れたのか、私の体の節々が痛む昼下がり。久々に半端ねえ嫌な予感。うおおマジかよ、その翌日から夫は1泊で家を空けるのだ。このまま高熱にうなされて誰がぽんきちの面倒を見るのだ?
 うつすなよなんて思った罰が当たったのか、思いっきり39度をクリアしてさらに私の体を蝕むインフルエンザウイルス。正直バイオハザードとかよりも怖いって思います。
 昼間頑張って娘をデイケアに預け、申し訳ないがその間寝かせてもらって一気にカタをつけるぜ!なんつって熱も37度中盤まで下がってきた。よしよし俺、自分いじめて熱下げるのは得意だぜ。
 大喜びで娘を迎えにいった午後4時。オヤ?なにその真っ赤なほっぺ・・・?

 まだまだ私も甘かった、その夜は熱で寝付けずぐずるぽんきちと、夜になってまた熱が上がってきた私と二人きりでへろへろへろりの運動会。罰当たったって言ったけど、そんなに悪いことしたかあたしは?!
 それでも7時ぴったりに目覚めて「まんま!!」って元気よく叫ぶ娘。あなた熱がおありなのじゃないの?と思いつつ通常の食事ではつらかろうと思い雑炊与えたらこれがあなた食う食う。熱測ったら36度2分。うそでしょ?あたしは37度ちょい超え(平熱は35度8分である)。うそでしょ??
 そこは気合でクリアしたが、昼過ぎにデイケアから電話が来た。ぽんきちちゃんちょっとぐったりしちゃって・・・。
 すっとんで迎えにいったらなるほど、ほっぺは真っ赤なだけじゃなく、なにやら熱の花と思しき赤いぽっちまで作りやがって、ぐずぐず言いながら私にぶら下がってきた。今まで病気とは無縁であったけれど、さすがにこれはやばい。ちょっと白目だし。
 病院にすっとんで行って、どきどきしながらドアノブに手をかけると・・・開かない!?なに!?なんで??時計を見ると午後1時半過ぎ。こんな時間に昼飯食うなばか者!
 まあそれはやつあたりなので仕方ないとしても、2時半に戻りますと書かれたドアを恨めしそうに見ながらいったん帰宅。通常なら近くのドラッグストアでも行って時間をつぶすだろうが、ぽんきちはグロッキーである。とにかく寝かさないと・・・。
 帰宅してすぐさま解熱剤を与え、汗をかいた服を着替え、彼女はあっさり眠りに落ちた。どうしようかなあ、病院、行ったほうがいいかなあ、でも寝てるから起きたらにしようかなあ、とりあえず解熱剤は与えたしなあ・・・なんて思って自分もゴロゴロしていた。気づけば5時半。
 ようやく「・・・ふええ」と声を出してやつは起き上がった。もう病院やってねえじゃん。いざとなったらエマージェンシーか・・・と力なく抱き上げると、あら?なんか調子よさそう。とりあえずの解熱剤が効いているのだろうが、これでちゃんと飯が食えれば大丈夫かもしれねえぜ、とうっすら期待をしつつ晩御飯を作っていると、足元で「まんま!!まんま!!!」・・・若いっていいなあ・・・。
 本当にどんなに調子が悪くても食欲だけは落ちないありがたい娘は、信じられない量を食いきり、またいつもの時間にことりと眠りに落ちてくれた。

 油断してたらその夜もぐずぐず運動会になってもう精も根も尽き果て、本日も発熱しなかった彼女に付き合い、いま眠った隙をついてこんなことしてる私。
 さすがに眠いッス・・・・・・・・
[PR]
by bakiwan | 2005-12-22 17:32 | グダグダと。
りーこさまからバトン戴きましたので、失踪疾走いたします。

1.理想の女(男)が記憶喪失で落ちている。
     記憶喪失じゃなあ・・・。はいからさんが通る読んでましたか?記憶喪失の男拾っても良いことないですよ。過去があってこその人間なのだ・・・ウヘヘヘ


2.歩いていたらサインを求められた。
     金はねえぞ!

3.引き出しからドラえもんが出て来た。
     まずなによりも先に娘と上手くやっていけるかどうかをテスト。いけそうならクローゼットを明け渡すけど、そうじゃなかったらまず広い部屋に引っ越さしてもらわんとな。あーそれからくどいようだけど日曜農業セットね。もち食いたいんですよ。後は以前日記に書いた通り、世界をぽんきちに買ってやるから待っとけあーっはっははははっっは!!!!

4.殺し屋に「死に方くらい選ばせてやるよ」と言われた。
     お前を道連れに死なせろよ

5.見知らぬ大富豪に遺産を遺された。
     どれくらいもらえんの?Microsoftが買えるくらい?そうじゃないなら普通にアパートでも建てて堅実に暮らすさ。PC部屋作ってな。ああそうさオレは夢がないのさ。

6.初対面で「B型?」と聞かれた。
     わりとしょっちゅうですがそれはもしや褒め言葉じゃなかったのか。今知ったぜ。

7.預金残高が増えていた。
     I hope so.
8.カモシカの様な脚にされた。
     足は割と自信あるんすよ。今や膝から下だが。
     

9.前に並んでる人に「俺の背後に立つんじゃねぇ!」と言われた。
     オレの前に来るんじゃねえ。

10.「犯人はあなたです!」と言われた。
    ごめんなさいダンナのポテチ食ったの私です。まだ気づいてないみたいだが。

11.鏡を見たら目がヤギ目になっていた。
     ヤギ目?!あのアンニュイな目?それは困るけどとりあえず写真撮る。

12.尻の割れ目が消えた。
     出すとき困るやないか。

13.偶然手に取った本の主人公が、明らかに自分だった。
     読まない。オチ見たくない。


14.モナリザがこっちを見ている気がする。
     実は見てるんだぜ。


15. 朝起きたら、イケメン男になっていた。
     アタシ男に生まれたら結構イケると思うんだけど。
     でもタブン結婚はしない。


書いてる間に結局娘寝かして来ましたがな。

さてすももまだ書いてないよね、後ヨロシコ。
[PR]
by bakiwan | 2005-11-25 17:30 | グダグダと。