帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

オフ会ですよ。会?

 エキサイトだけごらんの方スイマセン、本日はミクシの話題。
 かねてから「運命的な出会い」を待ち望んでいたマイミクケイコさんと、ついにリアル遭遇してきた。
 残念ながら「あっ、アナタはもしやケイコさんっっっ!!」と言う出会いではなく、これまたマイミクwashiが「姉ちゃんケイコさんに会いましょうよお」と言うので、運命より好奇心が勝ったのだ。それも昨日の話な。ていうか私が知ったのは今朝ですよ。今朝。
 私の中のケイコさんのイメージは、長い髪、とにかく長い髪。そしてご尊顔を拝見して、うふふふふ当たってたー、賭けときゃよかったw
 ケイコさんは時折飛ぶwashiの話を辛抱強く聞いてくださり、ぽんきちにほほえみかけ、おお、大人の女、であった。そして私の大好きな”タフな女”がそこにいた。washiは想像通りの人でした、と言っていましたよ、ケイコさん。
 帰りがけにぽんきちの写真をすぱっと2枚撮ってお帰りになり、おお、風のような・・・と、じりじりするカリフォルニアの太陽の下、ケイコさんの愛車を見送ったのであった。

 今度こそアボガド泥棒、行きます。ぽんきちに日本手ぬぐいかぶらせて。
[PR]
by bakiwan | 2005-08-27 09:59 | ロサンゼルスのお話。