帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

甘えんぼ情報

 お腹が目立つようになってきて、日米の出産に対する感覚の違いにとまどう昨今である。
 アメリカにいるときにがさつすぎたのか、それとも日本がセンシティブになっているのかはわからないが、どうも祖母にあれするなこれ危ないと色々言われてしまう。これはただ単に彼女の心配性から来ているものなのかな?
 とはいえ、ひ孫が居るような人に風呂掃除をさせるのも切なく、別に私の体調が悪いわけでもないので、毎日普通に家事を行っている。気を抜くと風呂を拭いていたりするので、ささささっと先回りして洗っちゃわないといけないんだけど。ばあちゃんは足が悪いから、屈んで掃除をするのが大変なはずなのだ。
 さてそんなわけで、本日も必死に風呂を磨いていると、ぽんきち颯爽と登場。にへーとか笑いながら、夫が朝シャワーを浴びた後のびしょびしょに飛び込んでくるのだ。てめえこのじくじくした天気の時に服ぬらすんじゃねえ。
 お腹が大きくなったらもうどれだけダッコと言われても持ち上げるのは困難な背高2歳児、しゃがんでいると嬉しそうに背中にダイブするのだ。細い腕が私の首の動脈をロックしたりして。死ぬっちゅうの。重いんだからアンタ。
 普段名前+ちゃんで私を呼んでいるくせに、何かたくらんでいるときだけ「おかあしゃーん」とか言う。はぁ、ナンスカ?と気の抜けた返事をすると、やれ積み木手伝えとかいっしょにお布団でころんしてぇんとか、大変なまとわりつきぶりだ。

 以前義姉(上が4歳の時に二人目を産んだ)に「大変よ。入院する時なんて。うちなんか4歳になったから色々説明してあって、もうちゃんと理解してたと思っていたのに、いざとなったら”あり得ない!!!”みたいになっちゃった。騒ぐし、急にお行儀悪くなったり」
 そのときはへぇそっすかーと間抜け面で聞いていたのだが、なんか想像出来てきた。ご飯食べてるときにやたら落ち着かないで「だっこぉん」とか言うですよ、最近。
 前述の通り、祖母は高齢であるからして、そのだっこぉんをするわけにもいかないし、コレ、と叱れるわけでなし。甘いんス。仕方ないけど甘過ぎッス。
 今週末、超久々に美容院行くんだけど不安だなあ。夫・・・髪切ってるときに電話かけてきたりしないでね・・・
[PR]
by bakiwan | 2007-07-18 15:12 | ぽんきちさんのコト