帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

バロメータ。

 ぽんきちを知る人にとって、おそらくぽんきちとはクチから先に生まれた子であろうと思う。
 喋るのは最近の話だから置いておいても、とにかく喰うのだ。がっつんがっつん。

 先日ママ友ちゃんに「今日の昼はそうめんだなー」と言ったら、「え?もうそうめんとか普通に食べさせてる?」と聞き返され、「ウヌ?」と思った。そのうちの子はぽんきちの1ヶ月下の子である。ウヌ?
 はたまたお中元売り場にて試食を勧めてくださった方がハムをぽんきちに差し出し、次いで私にローストビーフを差し出したので、「食べる?」とぽんきちに聞くと慌てて「まだ早いですよ」ウヌ?かみ切れない感じ?でもうちの子、そろそろ奥歯見えてきました。歯だけは早いらしいのだ。そのほかの成長は(おそらく)ごく一般的だと思うんだけど。

 そんなぽんきち、先日お熱を出した。夜中にうぇうぇ言いだし、解熱剤(Tylenol)飲ませて(前はあんなに嫌がったくせに「おいしいよ」とか言いやがった)一旦就寝。ただでさえ寝苦しかった先週水曜深夜のことである。
 さて朝起きて、まだ顔は真っ赤っか、苦しくて心細いのかべったり張り付いており、仕事にならないので「すいませんシャチョー」メールを送ったりしていたが、あっついままくっついてさえ居れば平気なようで、食欲が落ちることは全くなかった。
 ただし、いつもの風邪っぴき状態と同じく、おかずに手をつけずに白いご飯だけをまりまり食う。食う食う。ふりかけ?要りません。のりも要りません。フライドオニオンチップくらいなら乗っけても良いわよ、って感じで食う食う。なのであまり心配もせず、さほど高熱にもならず、そのまま熱は下がった。

 さて土曜深夜。やはり夜中にぐずぐず言いだし、どうも少々お咳が出ているようだ。あらー今度は咳と鼻水かーとげんなりしつつ、寝ぼけ眼でとりあえず咳止めシロップを探したが、それは鼻水止めであった。肝心な物がない。
 困ったあげくにとりあえず暑さだけでもしのがせてやろう、と大人用アイスノン(祖母が所持していた物だから間違いなく昭和からあるんだろう)にタオル巻いて寝かせたら、苦しそうに眠りについた。
 朝起きて、どうも様子がおかしい。ご飯をかき回すだけ回して、箸が一向に動かない。ウヌ?
 それでもとりあえずしぶしぶ食べはしたものの、勢いがまるで違う。咳も出てるし鼻水も辛そうだし、ついに食欲が落ちたか・・・と風雲急を告げ・・・たわけではないが、10時の開店を待って一気に薬屋に突入、咳止め鼻止めをGet。ようやく飲ませたのが11時ちょっとまえ。
 12時を過ぎてさて昼飯でも・・・と支度をしていたが、ぽんきちのご機嫌はすぐれぬまま。
 それでも食べないとどうしようもないよ、と頑張って口に入れさせていたら、ついに吐いた。熱も上がってきているみたいだ。
 すわ一大事!である。もちろんその後に何かを食べたそうな気配は全く見せない。ぐったりしているので一旦眠らせたが、どうも食べ物に反応しないぽんきちは尋常ではない。かくして先日のインフルエンザ騒動に引き続き、休日医療のお世話になってしまった。
 処方していただいた薬を飲ませて、食欲もなさそうだがどうにかおかゆとかプリンとかを口に入れて眠らせ、改めて買ってきた子供用アイスノンで頭を冷やしてみたら、どうにか薬も効いてきたみたいだ。 

 さて翌日、熱が下がったぽんきち目覚めて第一声。

 「なんか、食べよっか。」←それも仕方なさそうに

 おう!!待ってたぜその台詞!!!今すぐ食べられるのは昨日のおかゆだけどいい?「うん」よし!!
 慌てておかゆを暖め、少々さましてゆかりさん(人間ではありません。しそふりかけ)ちょっと混ぜ、これまた昨日ぽんきちの為に作ったのにあまり食べなかったキュウリとわかめの酢の物を並べると、あら不思議。まりまり。
 その間に夫の朝食を作り、ついでにまさかと思いつつもぽんきち用ウインナーを一緒に炒めて差し出してみたらコレも食う。みそ汁も出してみたがこれも食う。嗚呼!これが娘の姿です!
 心配そうに起きてきた祖母に「凄い勢いでご飯食べてる」と笑うと、祖母も心底ほっとした様子で「あーそれなら大丈夫だわ」
 ぽんきちはおなかがいつでもぽんぽんだからぽんきちだったのだな、と改めて納得した週末であった。
 ちなみに今日はまだ鼻づまりが残っているものの、フレンチトースト、バナナ1本、杏仁豆腐1.5人前、牛乳1杯をお昼に食べて3時間も昼寝。明日にはどうか鼻も止まりますように。早く完全復活しろよ。
[PR]
by bakiwan | 2007-07-04 16:28 | ぽんきちさんのコト