帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

間違い電話に思う。

 私の携帯電話に、同じ人宛ての間違い電話がたびたびかかってくる。今のところ3、4回あったろうか。
 電話番号が似ているのか前にこの番号を所持していらしたのかはわからない。たったひとつわかっていることは、間違う人がみな、恐ろしく丁寧できちんとしていることだ。 
 初めて間違われたのは帰国してこの携帯を持ってすぐ、思いっきり国際電話のようだった。電話番号も表示されないし、何せ日本語じゃなかったからネ。
 相手にとって運がよかったことに、私は帰国して間もない、外国人が電話をかけてくる状況に慣れている人間だったことだろう。
 お、間違ってるな、と思ってすぐに英語で「電話番号違ってますよ」と告げると、某アジアの国の言葉を喋っていた相手はすぐに英語にスイッチ、そして何度も申し訳なさそうに「間違えました、すいません」を繰り返した。私もいえいえ気にしないでください、それでは、と何事もなく電話を切った。
 それから一月ほどした頃、今度は日本語で「Bさんの電話・・・ではないでしょうか」とおずおず。「いえ、この電話は私が最近使い始めたものです」と言うと「大変失礼しました、番号を間違えました」謝るその声には誠意が感じられる。間違われても、こんなにきちんと謝ってくれたら全く気分を害すことはない。
 そして昨日、再度「Bさんは・・・えっと・・・」とおずおず電話。その人もやはり平身低頭で(想像)謝り倒し、私もいえいえいえいえいえいえいえいえなどと微笑みがちに(見えてないけど)電話を切った。
 こうなってくると、Bさんに興味がわいてきた。
 周りの人がみなきちんと清潔感のある対応をするBさん、きっとスバラシイ人に違いないのだ。私の妄想はどんどんふくらむ。なんか脳内で諸葛亮みたいになってる。

 そして先ほど10分前、今度は自宅の電話に間違い電話「あれー?×ちゃあん?」年配の女性の声だったが間違いと気づくまでに少々のお時間、そして再度の間違い電話。
 ちなみにうちの自宅にはどこだかの会社への間違いFAXもばんばんかかってくる。実はこれが一番やっかいだ。よりによってぽんきちがぐうぐう寝ている時間に(まあこっちの都合なんだけども)自動送信&リダイヤル。30分近くも何度も何度も・・・。
 おまえらBさんを見習え!いや違う、間違うな!
[PR]
by bakiwan | 2007-02-22 14:47 | 日本での生活などを