帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

頭が悪い人なのでして。

 気づけば本日もいつの間にか11時を過ぎていた。何もしてないのに・・・毎日まいにち何やってるんだろう。サイト作ってるんだけど。改悪しかされていない気がする。

 今日、たまには二人で外に飯でも食いに行きますか、とばかり、ぽんきちと二人で近所のイタリアンファーストフードにお出かけしてきた。こういうガヤガヤしたところでないと、幼児と一緒に行く勇気はない。騒ぐ娘ではないと信じたいが、どうしても時折奇声を発したりしてしまうので、気後れせざるを得ないのだ。
 たっぷりお昼寝をしていただいてからお出かけすると、ちょうど働き者たちのランチが終了しかける頃で、適度ににぎやかで席も空いている。
 ここはそれなりの量が出てくるので、大人用コンボ一つとミルクのオーダーで十分だ。頼んだコンボにはパスタ2種、ラザニア、サラダがのっかってくる。味はまあファーストフードだ。
 他にも頃合いを見計らって来たと見える子連れがちらほらおり、あっちこっちの幼児同士で、目線の会話が行われている。お互いにはきっと何となくわかるんだろうなあ、と少々羨ましく思う。君たちにはきっと言語は必要ないね。大人って面倒だなあ、とか普段夫が連発する言葉の間違いが気になって仕方がない人とは思えないことを考えている。だって「わんきょくして伝える」とか言うんだもん。
 パスタをどんどん食べて欲しかったのだが、フリーでばんばん持ってくるパンが大層お気に入りのご様子で、両手にしっかり握りしめて離さない。このパスタ、私一人で食べきれないんですけど、お嬢さん。
 パンを口に詰め込み、ミルクをがぶ飲みする娘に「これ食べてよー」とか言いながらパスタを差し出すが、どうもお口に合わないようで、次によこせと指定されたのは山のようなサラダ。青虫女め。
 ブルーチーズのドレッシングをかけたレタスを、自分の口に合うように小さく小さくちぎり、なんともお上品に少しずつ口に運んでいるが、実は上品なのではない。私がちぎるのを真似して自分でやりたいだけなのだ。上品ならフォークを使え。
 ちまちまレタスを食い続ける様が愉快だったのか、だんだん周囲の視線が集中し始め、小さくなるハハオヤをよそに、フォークに刺して差し出されたレタスを拒否し、自力で口の中に詰め込んでいく。くどいようだが、上品なら口の中のものを処理してから次のものを入れなさい。
 ずいぶん長いことレタスだけを集中して食べ続け、ものがものだけにいつまでもいつまでも食べている。小学校の頃に「早く食べなさい」を先生から言われて大層辛い思いをした身としては、あまりせかしたくないわと思ってのんびり見ていたが、20分もレタス食い続けられるとさすがにきつい。
 いい加減皿の底が見えてきた頃を見計らって「ごちそうさましませんか?」と尋ねると、少々考え込んでいる様子なので、実はもう腹一杯だがレタスで遊びたいだけだと判断。やっとこさ片付けて引き上げてきた。

 帰り際、荷物を持って片手で抱え上げるとおなかを押されて「げふう」と大きなげっぷをした我が娘、そんなにガス溜まるほどレタス食うなよ。
[PR]
by bakiwan | 2006-07-13 23:17 | ぽんきちさんのコト