帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

珍しく日本を考える。

 現実逃避です。Yahoo!japanのトップを見ると本日の切なく悲しい想い出がよみがえるので、現在私のブラウザのホームページはYahoo.com。来週土曜くらいまでには復活予定なの。

 さて、トップページをYahoo!にしたのでおもしろがってあっちこっちサイト探索をしていたが、灯台もと暗し、Yahoo!の中に面白いもの見つけた。
 アメリカ人観光客が見た日本の風景
 東京をモチーフに取られた数々の写真を見て「おー」とか「あー」とか騒いでいたが、驚くべきはその夜景。大友克洋(一発変換しないことに憤りを感じる私)の漫画に、現実の風景が追いついた感じだ。
 米在住の方には申すべくもないが、こちらの夜景というのは、全体的にオレンジ色である。
 初めてLAに来たときに、グリフィス天文台に行き、その大地の鼓動のような風景に心臓をわしづかみにされ、身動きも出来ないほど感動したものだ。今でもアメリカの風景の中で、夜景が一番好きだ。
 そのまましばしアメリカ生活を過ごすうちに、日本の夜景をすっかり忘れていた。
 アメリカの夜景が大地の鼓動なら、日本の夜景はカオスそのものだ。白をベースに様々な光が入り乱れていて、宝石箱を散らしたみたい、という表現がぴったりであること、今になってようやく気づいたりして。

 夜景だけではなく、彼らがニッポンを見て何が琴線であったのか、何にオリエンタルを感じたのか、写真がすべて教えてくれているみたいだ。
 暇だったら一度見てください。おなか空いてるときは止めた方が良いよ。お寿司おいしそうだったから。
[PR]
by bakiwan | 2006-06-12 22:39 | グダグダと。