帰国して それなりに必死に生きております。


by bakiwan

いやあお久しゅう。

 ちなみにお久しぶりのわけは、夜中娘が寝静まってから漫画見てたからだ。説明以上。
 で終わっちゃったらいけない。ここ数日の馬鹿親子の様子であるが、順番に風邪を引いていた。風邪も持ち回り。
 最初、突然発熱してぼろぼろになったのは夫であった。家にいるはずの無い時間にカーテンが開いていたので「ナニゴト!?」と思ったが、なんのこたーない、死に掛けの干からびた夫がベッドでうなっていた。正直に言おう、うつすなよって思いました。
 当然のごとく被害は娘ぽんきちに及んだ。とは言ってもさほど高熱を発するわけでもなく、ただハナを垂らして飯を食っている。飯は食うのだ。ま、食ってりゃ安心だななんて油断していたら、いつどこで経由したのかそれとも直接訪れたのか、私の体の節々が痛む昼下がり。久々に半端ねえ嫌な予感。うおおマジかよ、その翌日から夫は1泊で家を空けるのだ。このまま高熱にうなされて誰がぽんきちの面倒を見るのだ?
 うつすなよなんて思った罰が当たったのか、思いっきり39度をクリアしてさらに私の体を蝕むインフルエンザウイルス。正直バイオハザードとかよりも怖いって思います。
 昼間頑張って娘をデイケアに預け、申し訳ないがその間寝かせてもらって一気にカタをつけるぜ!なんつって熱も37度中盤まで下がってきた。よしよし俺、自分いじめて熱下げるのは得意だぜ。
 大喜びで娘を迎えにいった午後4時。オヤ?なにその真っ赤なほっぺ・・・?

 まだまだ私も甘かった、その夜は熱で寝付けずぐずるぽんきちと、夜になってまた熱が上がってきた私と二人きりでへろへろへろりの運動会。罰当たったって言ったけど、そんなに悪いことしたかあたしは?!
 それでも7時ぴったりに目覚めて「まんま!!」って元気よく叫ぶ娘。あなた熱がおありなのじゃないの?と思いつつ通常の食事ではつらかろうと思い雑炊与えたらこれがあなた食う食う。熱測ったら36度2分。うそでしょ?あたしは37度ちょい超え(平熱は35度8分である)。うそでしょ??
 そこは気合でクリアしたが、昼過ぎにデイケアから電話が来た。ぽんきちちゃんちょっとぐったりしちゃって・・・。
 すっとんで迎えにいったらなるほど、ほっぺは真っ赤なだけじゃなく、なにやら熱の花と思しき赤いぽっちまで作りやがって、ぐずぐず言いながら私にぶら下がってきた。今まで病気とは無縁であったけれど、さすがにこれはやばい。ちょっと白目だし。
 病院にすっとんで行って、どきどきしながらドアノブに手をかけると・・・開かない!?なに!?なんで??時計を見ると午後1時半過ぎ。こんな時間に昼飯食うなばか者!
 まあそれはやつあたりなので仕方ないとしても、2時半に戻りますと書かれたドアを恨めしそうに見ながらいったん帰宅。通常なら近くのドラッグストアでも行って時間をつぶすだろうが、ぽんきちはグロッキーである。とにかく寝かさないと・・・。
 帰宅してすぐさま解熱剤を与え、汗をかいた服を着替え、彼女はあっさり眠りに落ちた。どうしようかなあ、病院、行ったほうがいいかなあ、でも寝てるから起きたらにしようかなあ、とりあえず解熱剤は与えたしなあ・・・なんて思って自分もゴロゴロしていた。気づけば5時半。
 ようやく「・・・ふええ」と声を出してやつは起き上がった。もう病院やってねえじゃん。いざとなったらエマージェンシーか・・・と力なく抱き上げると、あら?なんか調子よさそう。とりあえずの解熱剤が効いているのだろうが、これでちゃんと飯が食えれば大丈夫かもしれねえぜ、とうっすら期待をしつつ晩御飯を作っていると、足元で「まんま!!まんま!!!」・・・若いっていいなあ・・・。
 本当にどんなに調子が悪くても食欲だけは落ちないありがたい娘は、信じられない量を食いきり、またいつもの時間にことりと眠りに落ちてくれた。

 油断してたらその夜もぐずぐず運動会になってもう精も根も尽き果て、本日も発熱しなかった彼女に付き合い、いま眠った隙をついてこんなことしてる私。
 さすがに眠いッス・・・・・・・・
[PR]
by bakiwan | 2005-12-22 17:32 | グダグダと。